所見の締めの言葉集! 子どもたちの心に響く最高の言葉を見つけよう

通知表の所見欄は、児童生徒の成長を伝える大切な場です。

締めの言葉は担任からのメッセージとして子どもたちの心に深く残り、今後の励みにもなります。

しかし、いざ書こうとすると、何を書いて良いか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?

この記事では、現場での経験から通知表の所見を締める言葉の例と書き方について解説します。

具体的には、以下の内容について解説していきます。

  1. 締めの言葉の役割
  2. 締めの言葉を書く前に確認したいポイント
  3. 締めの言葉集

記事を読み終えると、次のような締めの言葉が書けるようになります。

  • 今後の成長への期待を伝えられる
  • 励ましの言葉を添えられる
  • 担任の温かい気持ちが伝わる

子どもたちの心に響く、最高の言葉を見つけて、今後の成長を応援しましょう!

1. 締めの言葉の役割

通知表の所見欄は、児童生徒の成長を保護者に伝える大切な場です。特に締めの言葉は、担任からのメッセージとして子どもたちの心に深く残り、今後の励みにもなります。

締めの言葉には、以下のような役割があります。

今後の成長への期待を伝える

締めの言葉では、子どもたちの今後の成長への期待を伝えることも大切です。

  • 具体的な目標を設定する
  • 励ましの言葉を添える

担任の温かい気持ちが伝わる

締めの言葉は、子どもたちだけでなく、保護者にも読まれます。そのため、担任の温かい気持ちが伝わるような言葉を選ぶことも大切です。

  • 丁寧な言葉遣い
  • 子どもたちへの愛情

2. 締めの言葉を書く前に確認したいポイント

締めの言葉を書く前に、以下のポイントを確認しましょう。

児童生徒の性格や学習状況

締めの言葉は、児童生徒の性格や学習状況に合わせて書く必要があります。

  • 学習意欲の高い子:具体的な目標を伝える
  • 課題を抱えている子:励ましの言葉を添える

保護者へのメッセージ

締めの言葉は、保護者へのメッセージも含まれます。

  • 家庭での様子などを考慮する
  • 保護者への感謝の言葉

全体的な印象

締めの言葉は、全体的な印象をまとめる役割もあります。

  • 通知表全体のバランスを意識する
  • 重複表現を避ける

3. 担任の気持ちが伝わる! 締めの言葉集

# 期待しています

  • 今後も前向きな姿勢で成長していくことを期待しています。
  • 今後もさらなる成長を遂げることを期待します。
  • 今後も継続した努力と成長を期待しています。

# 楽しみにしています

  • 今後の成長を楽しみにしています。
  • あなたの成長を心から楽しみにしています。

# 応援しています

  • これからもあなたのことを応援しています。
  • 努力は必ず報われます。諦めずに頑張ってください!
  • 夢に向かって、思いっきり挑戦してください!
  • 自信を持って、自分の道を歩んでください!
  • 〇〇さんの夢を応援しています!一緒に目標に向かって頑張りましょう!
  • 失敗を恐れずに、様々なことに挑戦し続けてください!

# 〜していきましょう

  • この調子で、目標に向かって努力を続けていきましょう。
  • 今後も、規則正しい生活を心がけていきましょう。
  • 周りの人と協力して、様々なことに取り組んでいきましょう。
  • 今後も周りの人の気持ちに寄り添い、優しい行動を心がけましょう。
  • これからもこの調子で、可能性を伸ばしていきましょう。

# 支援系

  • 自分のペースで着実に成長しています。今後もこの調子で頑張りましょう!
  • 周りの人と力を合わせて、たくさんのことを成し遂げていきましょう!
  • これからも、一つ一つの目標を達成していきましょう!
  • 自分の気持ちを伝えようとする意欲を大切に、これからもコミュニケーション能力を伸ばしていきましょう。
  • 課題に取り組む意欲が向上してきました。自分のペースで着実に成長していきましょう。

# 楽らく所見くん

所見例文は、生成AIを使うと簡単に作成できます。

所見文を事前学習した「楽らく所見くん」なら、生徒の特徴を入力するだけで所見例文を自動作成してくれます。書きづらい生徒やリフレーミングも任せられるので、作業時間を大きく短縮できます。

私も使っていますが、最新版AI の ChatGPT4 Turbo 搭載だけあって、かなり優秀です。

行動だけでなく、成長もしっかり記載くれるので、とても役立っています。入力された内容から、生徒の成長をAIがイメージして出力してくれます。実際、生徒の意外な成長に気付かされることも多いです。

「楽らく所見くん」については、実際に使った上で、別の記事でレビューしています。