オンラインでTESOLの国際資格を日本で安く取得! オススメ通信講座をプロが紹介!

英検1級・英国修士(TESOL/英語教授法)、英語教師のASAKOROKOです。TESOLは資格も持っており、すべて通信講座を使って日本で働きながら取得しています。

TESOL/TEFLは、英語の教え方についての資格です。英語ができることと、教えられることは全く別です。英語指導が未経験でも、オンラインで学び、TESOL/TEFLの資格は取れるのでしょうか?

副業としてオンラインで英語指導をしてみたい人、コロナ禍で留学をためらっている英語教師にも、日本にいながら海外のプログラムが学べるオンラインコースは興味があるところです。

今回は、オンラインコースを使い倒している筆者が、TESOL/TEFLが学べる通信講座を徹底解説していきます。

正規資格を安く、120~230ドル程度で取得する方法もお伝えします。何も知らずに申し込むより、最低でも数万円以上の節約になります。

この記事は、こんな方におすすめです。

この記事はこんな方にオススメ
  1.  TESOLをオンラインで取得しようか迷っている
  2.  働きながら、費用を抑えて、日本でTESOLを取得したい
  3.  実力もついて、履歴書にもちゃんと書けるプログラムを知りたい

ちなみに、TESOLとTEFLは、ほとんど同じです。日本で英語を教えるならどちらでもOKです。

TESOLはオンラインと留学どちらがオススメ?
日本で取得する方法も解説

日本国内にはTESOLの資格が取得できる通学制のスクールはありません。

そのため、TESOLの資格を取得するには、オンラインか留学の2択になります。

結論から言えば、オンラインの方がオススメです。

理由は次の3つです。

① オンラインなら働きながら通える

オンラインであれば、いつでも、自分のスケジュールで学習できます。学習時間は1日1時間程度です。

そのため、働きながらでも無理なく取得可能です。仕事終わりに取り組んでもいいですし、休日にまとめて勉強してもOKです。

私自身、日本でフルタイムで働きながら取得していますが、無理なく取得できました。

② オンラインの方が圧倒的に安い

留学するよりも、オンラインの方が圧倒的に費用を安く抑えることが可能です。留学する場合は、10~20万円の授業料に加えて、渡航費や生活費がかかります。

オンラインの場合は、国際的に認められた正規資格であっても、120~230ドル前後で取得可能です。

③ オンラインでも留学でも同じ資格

オンラインでも留学でも、取得できる資格は同じです。

履歴書に書ける資格が同じなら、費用が抑えられて、働きながらでも取得しやすい方がいいですよね。ということで、最近はオンラインでの取得が主流になっています。

オンラインコースで気をつけることは?

オンラインで気をつけなければならないのは、スケジュール管理です。1日あたりどれくらい勉強すれば良いのか、あらかじめ考えておくことが大事です。

TESOLのオンラインコースは、「120時間コース」というように、コース名に学習時間が明記されていることが多いです。

コース期間も確認し、無理のない学習となることを確認してから申し込みましょう。

このページで紹介しているコースは、1日あたり1時間未満の学習でも修了可能なので、それほど心配しなくても大丈夫です◎

TESOLオンラインコースの選び方

コースのレベルで選ぶ

TESOLオンラインコースは、30時間程度のプログラムから200時間を超えるものまで様々です。

履歴書に記載する場合は、一般的に120時間以上のプログラムが目安です。

英語学習の理論やレッスンプランの作成など、必要な項目を網羅すると、だいたいそれくらいになります。

指導対象者や指導方法で選ぶ

TESOLオンラインコースでは、中高生以上の大人への指導が想定されています。未就学児や小学生を対象する場合は、学習内容を追加するのが一般的です。

英語の指導方法には、対面とオンラインがあります。自分が対面でのみ指導するのか、オンラインでも指導する可能性があるのか考えておきましょう。

オンラインでも指導する可能性がある場合は、オンラインでの指導方法もパッケージになったコースか、オプションでの追加がオススメです。

学習期間で選ぶ

期間は、120時間コースの場合で、3〜6ヶ月が一般的です。

TESOLオンラインコースは、自分のペースで進めることができます。120時間コースで、1日1時間の学習であれば120日かかりますし、1日に2時間学習すれば、60日で修了可能です。

スクールによっては、さらに延長が可能な場合もあります。働きながら受講する場合などは、あらかじめチェックしておくと安心です。

費用で選ぶ

TESOLオンラインコースは、120時間コースの場合で、日本の代理店を通すと5~6万円になりますが、直接申し込む場合は、120~200ドル程度が一般的です。168~180時間コースの場合は、230~300ドル前後です。

100ドルを下回るコースを見かけることもありますが、その場合は機械的な採点体制となっていないかチェックしましょう。TESOLは英語の教え方についてのプログラムなので、講師からのフィードバックが不可欠です。

英語力で選ぶ

TESOLオンラインコースでは、120時間コースの場合で、CEFR B1(英検2級)以上の英語力が求められます。160~180時間コースの場合は、CEFR C1(英検1級)以上の英語力が求められます。

なお、英語力は目安で、スコア提出まで求められることは稀です。わざわざ試験を受け直す必要はありません。

スクールの信頼性で選ぶ

TESOL/TEFLのオンラインコースは、資格認証団体による審査を受けている場合がほとんどです。

信頼できる政府系認証団体は、以下の通りです。

  • Ofqual:イギリス政府機関で、資格の番人とも呼ばれ、最も信頼できる審査機関の1つです。CELTAもOfqualによってレベル5の認証を受けています。
  • QUALIFI:英国政府機関であるOfqualから認証を受けて、資格の審査事業を行なっています。Ofqualの基準に基づいた審査が行われるため、こちらも信頼性の高い審査機関です。
  • DEAC:米国教育省から、信頼のおける資格審査機関として認定され、資格の審査を行なっています。DEACは、前身のNational Home Study Council (NHSC) まで遡ると1926年から業務を行なっており、最も信頼のおける機関の1つです。
  • ODLQC:1968年に英国政府によって設立された、遠隔教育の品質審査機関です。現在では政府から独立していますが、依然として信頼性の高い審査機関として認知されています。

これらの団体のうち、最低でも1つから認証を受けていることが望ましいです。

ついでに、紛らわしい団体も紹介しておきます。

紛らわしい団体 UKRLP
UKRLP(UK Register of Learning Providers)は、資格の審査機関ではありません。英国が提供する教育事業者の単なる名簿、データベースです。UKRLPに登録されていれば、事業者が実在することは間違いありませんが、品質保証は行われていません。登録されていても、されていなくても気にする必要はありません。

認証団体が自作自演のスクールには注意して!

悪質なケースでは、スクール自体が認証団体を立ち上げて、自作自演の認証を行なっていることがあります。

対策としては、政府系団体の認証を受けているスクールを選びましょう。自作自演は不可能なので、安心して受講できます◎

TESOLオンラインコースを受講するメリット

私自身、TESOLオンラインコースを受講しています。その時の経験を振り返ってレビューしていきます。

参考までに、私が受講したコース内容は、表の通りです。

プログラムの内容
概要150時間・オンライン(実地授業なし)
期間3〜6ヶ月(最長1年)
費用約6万円
学習スタイルテキスト+課題提出
テキスト約200ページ、全て英語
コース内容英語のしくみ(文法・発音)
英語学習と指導(基本原則・4技能の指導・授業づくり)
課題英文法/発音問題, 指導案, 英文エッセイ

ちなみに、私は何も知らずに日本の代理店を通してしまったので、かなり高額になってしまいました。今なら絶対に直接申し込みます。

なお、受講して感じたメリットは、次の3つです。

①実践的な指導力がアップ!

TESOLオンラインコースは、実践的な指導力を高めるのに役立ちました。

オンラインコースでは、

  • スピーキングやライティングの課題設定
  • フィードバックの仕方
  • 足場作り(Scaffolding)

などを学び、今でも役に立っています。

生徒さんに単に話してもらって終わり、というのではなく、課題の微妙なレベル調整や適切なフィードバックができるようになりました。

結果として、生徒さんのスピーキング力アップにも貢献でき、達成感も増えたと感じます。

②他国の教員からも認められるように

TESOLをリードしているのは日本ではなく、英語圏の国々です。英国で承認を受けている資格プログラムを修了したことで、自分の知識レベルを世界水準で知ることができました。

ネイティブスピーカーからの見られ方も変わりましたし、資格を取得したことで自信にもなりました。

その後、イギリスの大学院へ進学する際にも、オンラインコースの先生に紹介状を書いてもらうことができました。

③キャリアにプラス, 副業も可能

TOEICや英検は、英語力の証明にはなりますが、指導力の証明にはなりません。私自身、講師を採用する側の経験もありますが、採用側は意外とTESOLを重視しています。

副業としてオンラインでの指導をはじめる場合も同様です。その場合は、オンライン指導についても学べるコースがオススメです。

資格をプロフィールに記載しておくと、生徒さんからの信頼度もアップして、授業がしやすくなりますよ。

【徹底比較】おすすめTESOLオンラインコース

TESOLオンラインコース比較

TESOLオンラインコースは、様々な団体が提供しています。わかりやすいように、代表的なスクールを表にまとめました。

運営The TEFL
Academy
Premier TEFLmyTEFLITTIINTESOLCambridge CELTA
コース120時間/
168時間
120時間/
180時間
120時間/
140時間
120時間/
170時間
150時間/
180時間
120時間のコースワーク+80時間の予復習
期間~6ヶ月~6ヶ月~3ヶ月不明~12ヶ月/
15ヶ月
13週間
価格139ドル/
230ドル
120ドル/
320ドル
150ドル/
175ドル
249ドル/
289ドル
49,800~78,800円(税込)265,000円
~320,000円
信頼性英国政府資格単位枠組みレベル3/5(Ofqual)
米国政府団体承認(DEAC)
ODLQCによる承認/
英国政府資格単位枠組みレベル5(Ofqual)
外部団体による承認外部団体による承認英国政府資格単位枠組みレベル4(ALAP)英国政府資格単位枠組みレベル5(Ofqual)
ケンブリッジ英語機構認定
申し込み要件CEFR C1
英検1級以上
英検2級程度/
英検1級程度
なしネイティブスピーカーもしくは同等の英語力IELTS 6.0, 英検1級以上CEFR C1+
英検1級以上
特典児童英語指導,
ビジネス英語指導,
オンライン指導コースの無料受講
児童英語指導コースの無料受講オンライン図書館へのアクセスチューターサポート
(339ドル/369ドル)
製本テキスト購入可(別途4,200円)少人数指導

国内におけるTESOLオンラインコースでは、INTESOLが有名ですが費用が高額です。CEFR C1(英検1級)程度の基準がクリアできるなら、半額程度で申し込める The TEFL Academy の168時間コースをオススメします。CELTAと同じ英国資格枠組みレベル5の認証を受けています。

120時間コースでは、Premier TEFL をオススメします。こちらは、CEFR B1(英検2級)から受講可能です。忙しい社会人でも無理なく達成できるようコースが設計されています。

学習期間は6ヶ月で、延長も可能です。マルチデバイス対応で、スキマ時間も活用しやすいです。費用が他社より安く、120ドル程度まで抑えられるのもポイントです。

ということで、おすすめスクールは、次の2つです。

おすすめスクール特徴
The TEFL Academy
(168時間コース)
・CELTAと同じ英国資格枠組みレベル5
・Certificateより上位のDiplomaが取得可能
・自分の授業実践に助言をもらう機会あり(有料オプション)
・児童英語, オンライン指導コースなどが無料で受講可能
・学習期間が長め(6ヶ月)で安心
・Ofqual/DEAC認証
Premier TEFL
(120時間コース)
・スマホでもアプリでの学習が可能
・学習期間が長め(6ヶ月)、延長もできて安心

・他社に比べて費用が大きく抑えられる
・児童英語指導コースを無料受講できる
・オンラインでの指導法も学べる(オプション)
・ODLQC認証

The TEFL Academy と Premier TEFL の比較は、記事の後半でしていきます。その前に、2つのスクールについて、要点をご説明していきます。

The TEFL Academy | 高い英語力があり, 幅広く学習したい人にオススメ

The TEFL Academyは、ネイティブスピーカーも多く参加するプログラムを提供しているスクールです。2022年~2024年5月の当サイト実績でも人気 No. 1で、多くの日本人の方からも選ばれています。

日本からも100名以上の方がすでに受講されています。

The TEFL Academy がネイティブから選ばれる理由
  1. CELTAと同じ英国政府資格単位枠組みレベル5承認(168時間コース)
  2. オプションコースが無料・有料ともに充実
  3. 他社と比較してリーズナブルな授業料
①CELTAと同じ英国政府資格単位枠組みレベル5承認

168時間コースは、ケンブリッジ大学認定の CELTA と同じ英国政府資格単位枠組みレベル5の認証を受けています。Certificateより上位のdiplomaが授与されるので、より専門的に学んだことを証明できます。

②オプションコースが無料・有料ともに充実

The TEFL Academyの168時間コースでは、児童英語やビジネス英語、オンライン指導などのオプションコースを無料で受講できます。得意分野を作ることができるので、雇用主へのアピールもしやすくなりますし、キャリアの幅も広がります。

また、自分の授業実践を録画して送付し、指導を受けられるオプション(Observed Teaching Practice)もあります。CELTAでも授業実習はありますが、個人的にはこちら方が学びが多いと感じます。なぜなら、CELTAは用意された実習環境で行われますが、こちらは自分が実際に指導する環境で行えるからです。より役立つ実践的な助言がもらえます。なお、指導時間はCELTAと同じ6時間です。

③他社と比較してリーズナブルな授業料

The TEFL Academyの168時間コースは、同レベルの他社のコースと比較してリーズナブルです。代表的なスクールを比較すると、次のようになります。

The TEFL AcademyPremier TEFLINTESOL
JAPAN
ITTT
学習時間168時間180時間180時間170時間
取得できる資格DiplomaDiplomaCertificateCertificate
価格230ドル320ドル58,800円300ドル

The TEFL Academyの授業料は約230ドルです。300ドル前後が一般的なので、相場より100ドルほど安くCertificate の上級資格である Diploma が取得できます。

INTESOL JAPAN と ITTT は高額なわりに取得できるのが Certificate になっているのでオススメしません。

英語力について

ノンネイティブが受講する場合は、目安として、CEFR C1(英検1級)程度の英語力が求められます。

なお、英語力は目安なので、スコアの提出は求められません。そこまで厳密ではありません。TOEICで800点くらいあれば全然大丈夫です。私自身、CEFR B2のときにC1のコースに参加しています。問題なく修了できました◎

受講者の声

ASAKOROKO先生、いつも拝見しています。先生の記事を読んで The TEFL Academy で英国資格枠組みレベル5の資格を取得できました。先生の記事のおかげです。ありがとうございます。先生はイギリス大学院で修士を取られたと知りました。私も今後はイギリスの大学院で修士(言語学か応用言語学・英語教授法系)をとりたいと考えています!

The TEFL Academyは受講料の負担も少なく、知名度の高いCELTAと同じ英国資格枠組みレベル5に認証されているということで、転職するにもポイントになると思い受講を決定しました。各ユニットが小分けになっており、仕事をしながらでも隙間の時間を見つけて取り組みやすいです。また、達成状況がパーセントで表示されるのでモチベーションにもなります。現在、楽しく受講しております。

The TEFL Academy のオンラインコースの168時間のコースを受講しました。信頼性の高さと英国政府資格単位枠組みレベル5の認証が決め手になりました。

授業は初めて英語教育を勉強する人でも十分に理解ができるようになっていました。具体的には、英語そのものについての知識を深めるユニットが最初に複数あり、その後、授業に活かせるテクニックやミニゲーム、参考文献の提供がありました。学術的なものよりも実践力に焦点を当てたユニットが多かったです。

チューターの対応も丁寧です。教材研究の仕方を質問しましたが、2日ほどで返信が来ました。料金や学習期間も適切だと思います。無事に6ヶ月の間に修了できました。

現役の高校英語教員です。この度、こちらのサイトでThe TEFL Academy の168時間コースのことを知り、サイト運営者のASAKOROKOさんからもアドバイスをいただき無事diplomaを取得しました。英検準一級程度の英語力(CEFR B2レベル)ですが、問題なく取得できました。

受講のきっかけは、キャリアアップです。CELTAを最近よく耳にするようになりましたが、CELTAは経費や日程等でチャレンジが難しく、他の資格を探していたところ、CELTAと同じofqualの LEVEL5の認定ということで、この受講をきめました。

Unitが10からなり、それぞれの分野に関するテキストを読み、Unitごとに小テストを受けます。合格点に達すると次のUnitに進めます。不合格や、得点に満足できなかった場合は、再テストがうけられます。(一回目とは違うテスト問題です。)

内容は英語教育という馴染みのある分野というのもあり分かりやすく、また進捗状況がパーセントで表されるので、内容の読みやすさと相まって、どんどん進み面白かったです。途中の参考動画も、All English で授業をするのに参考になるものでした。

各Unitの小テスト以外に、Unit5以降に課題の提出が3回あります。与えれらた教材での単語の教え方や、Concept Checking Questionsを考えなさいなど、多岐にわたり面白い視点で課題に取り組めました。

課題は、提出したら遅くとも3日以内に評価されて返却がありました。詳細なfeedbackがあり、distinction(優), merit(良) 等評価されます。Distinction 欲しさに課題は時間をかけましたが、ここは人によって、所要時間が大きく差が出るところだと思いました。最後の課題が終了したとき、とてもほっとしましたが、終わってしまって少しさみしい気がしたくらいです。

日本で研修を受ける機会も増えてきましたが、全て英語で行われるこの課題もまた新鮮でした。気が付くと、かなりの量の英文も目にできましたし、Diploma取得は自信にもなりました。生徒にも、進捗状況を話したりし、先生も新しいことにチャレンジしてます、一緒に頑張りましょうと学ぶ姿勢を見せることができました。

The TEFL Academyの基本情報
コース120時間/168時間
期間〜6ヶ月
費用139ドル/230ドル
信頼性英国政府資格単位枠組みレベル3/5(Ofqual)
米国政府団体承認(DEAC)
申し込み要件
(目安)
CEFR C1
英検1級以上
推奨デバイスPC・タブレット
特典児童英語指導, ビジネス英語指導, オンライン指導コースの無料受講

CELTAと同じ英国資格枠組みレベル5認証

TEFL Academyでは、ケンブリッジ大学認定のCELTAと同じ英国資格枠組みレベル5認証168時間コースが最も多く選ばれています。

Premier TEFL | アプリでじっくり6ヶ月、忙しい社会人でもしっかり学習

Premier TEFL おすすめポイント3つ!
  1. スマホやタブレットでもアプリで学習可能
  2. 6ヶ月以内に修了すればOK!延長も可能で忙しい社会人でも安心!
  3. 英国ODLQC認証で安心のコースをリーズナブルに受講
①スマホやタブレットでもアプリで学習可能

Premier TEFLは、忙しい社会人にオススメのスクールです。マルチデバイス対応で、スマホからでもアプリ学習できるので、すきま時間を活用した学習もしやすいです。

②6ヶ月以内に修了すればOK!延長も可能で忙しい社会人でも安心!

最大での学習期間が6ヶ月に設定されており、無理なく学習を進めることができます。また、Premier TEFLでは、延長も可能です。何かしらの事情で修了を延期したい場合でも安心です。延長期間と費用は、以下の通りです。

延長期間費用
7日20ドル
1ヶ月45ドル
2ヶ月65ドル
3ヶ月80ドル
6ヶ月110ドル
③英国ODLQC認証で安心のコースをリーズナブルに受講

Premier TEFLの120時間コースは、英国政府によって設立されたODLQCという通信教育を専門に評価する機関によって認証されています。TEFL Academyの168時間コース同様に、信頼できるコースです。

120時間コースは価格も抑えられていて、120ドル程度で受講可能です。CEFR B1(英検2級)から受講が可能です。TESOLの第一歩としても、挑戦しやすく、おすすめです。

人気のオンライン指導法講座は、オプションになっており、15ドルで追加可能です。

Premier TEFLの基本情報
コース120時間/180時間
期間〜6ヶ月
費用120ドル/320ドル
信頼性ODLQCによる承認/英国政府資格単位枠組みレベル5(Ofqual)
申し込み要件英検2級程度/英検1級程度
推奨デバイスPC・タブレット・スマートフォン
特典児童英語指導コースの無料受講
専用アプリでの学習

忙しい社会人でも安心!学習期間は6ヶ月!

The TEFL Academy vs. Premier TEFL

気になる方のために、The TEFL AcademyとPremier TEFLを細かく比較していきます。

120時間コースの比較

120時間コースでは、取得できる証明書は全く同じです。若干費用が安く、学習環境に合わせた柔軟な対応が可能な Premier TEFL に軍配があがります。

The TEFL AcademyPremier TEFL
料金129ドル120ドル
学習時間120時間120時間
学習期間6ヶ月(延長可)6ヶ月(延長可)
延長可能期間30 or 90 days
~38ドル
7日~6ヶ月
20ドル~110ドル
証明書CertificateCertificate
必要な英語力CEFR C1
英検1級程度
CEFR B1
英検2級程度
学習方法オンライン(PC)オンライン
(マルチデバイス, アプリ可)

168-180時間コースの比較

168-180時間コースでは、The TEFL Academy に軍配が上がります。費用が100ドル以上も安く、Certificateより上級のDiplomaが取得できます。

The TEFL AcademyPremier TEFL
料金230ドル320ドル
学習時間168時間180時間
学習期間6ヶ月(延長可)6ヶ月(延長可)
延長可能期間30 or 90 days
~38ドル
7日~6ヶ月
20ドル~110ドル
証明書DiplomaCertificate
必要な英語力CEFR C1
英検1級程度
CEFR C1
英検1級程度
学習方法オンライン(PC)オンライン
(マルチデバイス, アプリ可)

結論としては、120時間コースならPremier TEFL、168時間コースならThe TEFL Academyがオススメです。

ということで、

どちらを選んでもちゃんとした証明書は取れます。ご自分の英語力に合わせて選んでもOKです。勇気を出して申し込んでみましょう!自信を持って指導できるようになりますよ。

円安の今、申し込むってありなの? — 全然アリです!

為替レートとインフレについて

円安やインフレが進行する中、外貨決済するのは抵抗がありますよね。ですが、個人的には、それほど気にする必要はないと考えます。というのも、円安ではありますが、TESOLに限って言えば、世界的にインフレが進行する中でも、現在のところ受講料の値上げは行われていません

そのため、円安とインフレによる授業料の値上げのダブルパンチになる前に申し込むのは全然アリです。それに、申し込むが遅くなればなるほど、キャリア形成や生徒に学びを還元するタイミングが遅れます。

オンラインTESOL Q&A

受講には、TOEICなどのスコアが必要ですか?

TOEICや英検などのスコアは必要ありません。各スクールが提示する語学レベルは、目安です。ご自分の語学レベルをCEFRでご確認になりたい方は Premier TEFL が簡易テストを提供しています。登録も不要なのでおすすめです。

Premier TEFL 10分程度の簡易テスト

TESOLとTEFLはどう違いますか?

TESOLもTEFLもほぼ同じです。TESOLは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、直訳すれば「他言語話者に対する英語指導」です。TEFLは、Teaching English as a Foreign Languageの略で、「外国語としての英語指導」です。厳密には、TESOLが英語学習者全員を対象とするのに対して、TEFLは日本人のように日常的に英語を使う環境にいない学習者を対象としています。余談ですが、英語圏で生活している学習者を対象とした指導法はTESL(Teaching English as a Second Language)と呼ばれます。日本で英語指導を行う場合は、TESOLもしくはTEFLを取得すればOKです。

The TEFL Academyの168時間コースに申し込みたいですが、英語力が足りません…

The TEFL AcademyはCEFR C1レベルの英語力が求められますが、目安です。英検準1級やTOEICで800点以上取れるくらいなら、それほど心配はいりません。資格取得に向けて勉強するのも英語力アップになりますし、一石二鳥くらいの気持ちで◎

あまり大きな声では言えませんが、私も CEFR B2 の時に C1 コースに申し込んで、問題なく修了しています。

The TEFL Academy に申し込もうと思っています。時差は関係ありますか?

いいえ。問題を解いたり、レポートの提出が出来ればいいので、時差を気にする必要はありません。ご自分のペースで、ご自分の都合の良い時に学習していただけます。

The TEFL Academy での学習の様子が知りたいです。

The TEFL Academyでは、オンラインでのインタラクティブなアクティビティと動画で学習を進めていきます。

ウェビナー(オンラインセミナー)は毎週開催されていますが、参加は任意です。セミナーの様子は録画されているので後ほど視聴することもできます。

The TEFL Academy で Observed Teaching Practice コースのみを受講することは可能ですか?

いいえ。Observed Teaching Practice コースは、168時間コースに追加可能なオプションとなります。168時間コースの受講が必要です。

The TEFL Academy で スマートフォン は使えますか?

The TEFL Academy のコースは、タブレットでも受講できますが、スマートフォンでの受講は推奨されておりません。以下、The TEFL Academy からの見解になります。スマートフォンを利用される場合はあくまでも自己責任の形になります。

“当コースはタブレットでも受講できますが、ユーザー インターフェイスとマルチメディア要素は、スマートフォンのような小さな画面での使用を想定して設計されていません。このため、最適な学習体験が得られず、学習の進歩を妨げる可能性もあります。”

CELTA と Diploma は、どのように違いますか?

CELTAと英国政府資格枠組みレベル5認証のDiplomaは、学習内容はほとんど同じです。違いはケンブリッジ大学英語検定機構の資格かどうかです。将来的に名門大学院への留学を視野に入れている場合はCELTAがオススメですが、そうでなければ Diplomaの方が取得しやすくオススメです。

参考までにTESOL DiplomaとCELTAの違いを表にまとめると、次のようになります。

TESOL
Diploma
CELTA
学習内容英語教授法英語教授法
難易度英国政府資格枠組み
レベル5
英国政府資格枠組み
レベル5
必要な英語力CEFR C1CEFR C1
取得方法オンライン対面・オンライン
学習期間3~6ヶ月フルタイム4〜5週間
パートタイム13~14週間
学習時間120~200時間120時間のレッスン
80時間相当の課題
教育実習オプション6時間
費用230~300ドル350,000円
Diploma と Certificate の価値は大きく違いますか?

Diploma の方が社会的信用が高いです。英国政府では、英語教師になりたいネイティブスピーカー向けに職業案内(National Careers Service)を行なっていますが、そこでも Diploma が CELTA や Trinity CertTESOL と並んで推奨されています。

The most common TEFL qualifications are:

  • Certificate In Teaching English to Speakers of Other Languages (Cambridge CELTA) and (Trinity CertTESOL)
  • Level 5 TEFL Diploma

https://nationalcareers.service.gov.uk/job-profiles/efl-teacher

(リンク先 How to become → Collegeに記載されています)

The TEFL Academy と INTESOL JAPAN で迷っています。どちらがオススメですか。率直にお願いします。

圧倒的に The TEFL Academy がオススメです。 The TEFL Academy では 168時間コースで CELTA と同等の英国資格枠組みレベル5の Diploma が取得できます。INTESOLで取得できるのは 180時間コースを受講した場合でも下位のCertificateのみです。

INTESOL はチューターによる添削指導を売りにしていますが、The TEFL Academy もチューターによる添削指導は充実しています。また、The TEFL Academy の方が大手なので学習用ウェブサイトも充実しています。

受講料としても The TEFL Academy の方がリーズナブルです。INTESOL JAPAN はフランチャイズなので中間マージンが発生し、割高です。

格安34ドルの120時間コースを見つけてしまいました。信用できますか?

冷静になりましょう。認証団体を確認してください。たとえば、World TESOL Academy の認証団体であるACCREDITATは、事業者向けのページで次のように表明しており、信頼性に欠けるのは明らかです。

始めたばかり? TEFL/TESOL ビジネスの立ち上げを検討している場合は、時間とお金を節約できます。 ご存じのとおり、時間の無駄=お金の損失です。私たちのもとには、非常に厳選された経験豊富な外部の TEFL/TESOLのコース執筆者名簿があり、他の人よりも早く、お客様が希望するコースを作成できるよう協力します。コースが書き上がれば、認証のために私たちのもとへ直ちに回されます。繰り返しになりますが、私たちの認証プロセスは、私たちが知りうる限り、ほかのどの認証団体よりも早いです。あなたがこれまで想像していたよりかなり早くTEFL/TESOL市場に参入し、営業する準備ができることでしょう。秘密裏の話をするために、私たちに連絡してください。

https://www.accreditat.com/tefl-tesol-providers/

認証団体の信頼に乏しいということは、本当に120時間相当の学習量があるのかも疑わしいです。受講してみたら30時間で終わってしまったということも…。

プログラムによって求められる英語力が違うのはなぜですか?

TESOLオンラインコース120時間の場合、CEFR B1(英検2級)で受講できるコースとCEFR C1(英検1級)を要求するコースがあります。CEFR C1を要求するコースでは、就職の斡旋まで行っていることが多いです。カリキュラム自体に大きな違いはありません。

TESOLの資格を取得すれば、海外でも英語を教えられますか?

TESOLは国際的に認められている資格です。ネイティブスピーカーでない日本人が海外で英語を教えるのは簡単ではありませんが、不可能でもありません。海外を見渡せばノンネイティブの英語教師は意外と多いです。私もネイティブの教師に混じって教えています。英語力では敵いませんが、指導力を磨けば十分に渡り合えますよ。

6ヶ月以内に修了する自信がありません…

6ヶ月以内に修了できるか不安な方には、有料にはなりますが、コースの延長がオススメです。延長の申し込みは受講後に行えますので、時間が足りないと感じたら延長を申請する形になります。

延長は The TEFL Academy, Premier TEFL どちらも対応しています。The TEFL Academyは、30日間の延長で66ドル、90日間の延長で90ドルです。Premier TEFLは1ヶ月45ドル、3ヶ月80ドルです。

The TEFL Academy 168時間コース | CELTAと同じ英国資格枠組みレベル5認証

Premier TEFL 120時間コース | 忙しい社会人でも安心! アプリでマルチデバイス対応!

1日あたり1時間未満の学習でも修了できます。英語力もつきますし、挑戦してみるのがオススメです。コースは英語力に合わせて選ぶのでも◎